指輪の相場

結婚式

婚約指輪は、古代ローマ時代からあり、最初は鉄の輪ですが婚約したことを伝える大切なものでした。17世紀になると、婚約指輪はヨーロッパ中心に広がり18誠意には世界でダイヤモンドの産出量が増えたことから、光輝く指輪が貴族を中心に上流階級に広がってきました。 日本には、明治時代に西洋化が進んだことから、徐々に指輪を身につける人が増えてきました。1900年代には、ジュエリーショップにより婚約指輪という西洋の風習を日本に持ってくるようになりました。その後、戦争により宝飾技術が失われました。戦後、1970年代になると西洋の風習として婚約指輪の風習が取り入れられ、CMの影響で相場が給料三か月分という値段も高く設定されました。

婚約指輪の相場については、給料の3か月分というように高かったものですが、現在では20万円程度の平均に落ち着いています。結納についても簡略化されることが多く、そのため結納金の相場も下落してきています。 結婚指輪の相場は、二つ合わせて10万円程度というように落ち着いています。今後は、婚約指輪や結婚指輪についても、素材や形において多様化してくると考えられます。指輪という形ではなく、時計などの記念品を交換し合うカップルも増えてきています。手作りの指輪を作ることができる宝飾店も増えてきていますので、二人の思い出としておのような指輪を手作りしているカップルもいます。このため、市場は一定の規模を保つと思われます。